兵庫維新八策 7.防災、危機管理体制、防犯の強化

兵庫維新八策

7.防災、危機管理体制、防犯の強化

阪神・淡路大震災の教訓や経験を活かし、民間活力を積極的に活用した災害から県民を守る「防災に強い兵庫」を確立します。

  • 未曾有の災害に備え、防災マニュアルや兵庫県地域防災計画、南海トラフ地震防災対策推進計画の策定を見直します。また災害発生時に迅速かつ安全な避難や災害弱者へきめ細かい対応ができるよう、阪神・淡路大震災の教訓や経験を活かした地域の防災組織の機能強化を支援します。
  • 災害時における情報収集・分析の手段として、SNSを積極的に活用することにより、市民に対する避難指示や被災者への支援等に関し、より効果的な対応につなげる体制を強化します。
  • 学校やコミュニティーセンター、公園など公的施設の避難所について、災害発生時における運営を円滑に進めるため、備品・備蓄の充実や、通信手段に必要となる非常用電源の確保等インフラ面の強化を図ります。
  • 避難先は体育館のみならず、県営・市営住宅等公的住宅の空き家活用、民間賃貸住宅の積極的活用といった要配慮者に対しての備えや、仮設住宅の設置等に関しては広域的な視点から県市の連携を進めた防災機能の強化を促進します。
  • 避難所での授乳スペースや更衣室の確保、また女性用品の適切な配布など、女性に配慮した避難所のあり方を見直します。また災害時には女性や子供に対する犯罪が起こるリスクが高まることから、防犯意識を高める取り組みを推進します。
  • ドローンを活用した災害監視体制の強化と、県民への迅速かつ適切な情報発信を推進します。
  • 防犯カメラの増設や活用するシステム整備、また見守り活動の充実など、県警や地域住民との連携を着実に進めながら、犯罪防止や発生時の迅速な対応を図ります。
  • 今後、新設する消防署に関しては、交流・学び・憩い・賑わいの観点から、県民が気軽に利用でき地域に愛される開かれた空間の有効活用を図り、複合施設としての整備を推進します。