兵庫維新八策 6.道路・交通・公園等のインフラ整備の充実

兵庫維新八策

6.道路・交通・公園等のインフラ整備の充実

未整備区間の解消を含めた道路ネットワークの整備を強力に進め、県内の主要都市間や各地域の渋滞解消を図り、人とモノの交流を促進します。

  • 県民の日常生活や地域課題に密接に関わる幹線道路の渋滞解消・緩和を効率的かつ効果的に進めるとともに、地域の防災性を高め、都市機能の向上を推進します。
  • 神戸・伊丹空港のさらなる発着枠の拡大及及び運用時間の延長を推進します。また神戸空港の国際化に向けては関西3空港懇談会での協議を踏まえ、関西3空港の最適活用を図りながら、関西全体の空港需要拡大を目指します。
  • 地域の実情に応じた路線バス、オンデマンドバス、コミュニティバス、乗り合いタクシー等を適切に組み合わせ、高齢者をはじめとする交通弱者の「生活の足」の確保を図ります。また持続可能な公共交通ネットワークを構築するため、運行事業への参画や啓発など地域住民の利用を促進します。
  • 市民に身近な公園については、コロナ禍や地域の実情に応じた遊具や健康器具等の整備を充実させます。また施設に不具合や危険な状況を発見した場合は、迅速・適切に処置を実施し、公園利用者の安全確保を図ります。
  • 災害時の被害を最小限に抑えるための無電柱化・共同溝建設及び下水管の耐震化を促進します。
  • インフラの老朽化対策について、ドローンやAI、IoTなど最新技術の活用によるメンテナンスの高度化・効率化を継続的に推進するとともに、インフラの集約や不要な施設の撤廃を進めます。
  • 水道事業は、節水型社会や人口減少社会の進展による中長期的な水需要の減少を踏まえ、経営の効率化による経営健全化を推進し、安全・良質な水を安定的に公正な料金で継続的に提供するよう取り組みます。