兵庫維新八策 5.自然豊かな環境保全と次世代エネルギーの促進

兵庫維新八策

5.自然豊かな環境保全と次世代エネルギーの促進

自然豊かな兵庫の森林、里山、川、海を再生・保全する取り組みを強化し、人と自然が共生する地域づくりを進めるとともに、再生エネルギーの導入や省エネルギーの促進に取り組みます。

  • 低炭素社会を先導する都市づくりとして、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池自動車(FCV)等などエコカーの普及を促進します。また快適で環境にやさしい建築物の誘導を行う制度を推進し、地球にやさしい都市づくりを目指します。
  • 国における2050年カーボンニュートラル宣言の実現に向け、県内市町で、実行性のある施策の具現化を推進します。
  • 兵庫県内の風土を活かした有機農業を推進するため、普及指導の体制整備や有機農業者の人材育成、また有機JAS認証を取得しやすい環境づくり、需要拡大に向けた販路の多様化や消費者への理解と関心の増進を図り、有機農業の生産拡大を支援します。
  • 食品ロスの削減のため、市民、食品製造業・加工業、卸売業、小売業、飲食業の皆さんができることを改めて精査し、各事業者と連携した啓発キャンペーンやフードドライブの実施を推進します
  • 県内在住の外国人に対して、大型ゴミも含めて出し方のルール、マナー等、多様な手法を用い、啓発活動を推進します。
  • 不法投棄を防止するため、監視カメラを適切に運用するとともに、日常の監視パトロール活動、県警、地元自治会等との連携を強化し、撲滅に向けた実行性のある取り組みを推進します。