兵庫維新八策 4.医療・福祉体制の充実

兵庫維新八策

4.医療・福祉体制の充実

超高齢化社会に対応し、県民の一人ひとりが健康で安心して暮らし続けられる社会を創造します。

  • 新型コロナウイルスの感染拡大と想定外のリスクを踏まえ、各自治体、医師会、初期・二次・三次医療機関、宿泊療養施設等々の機能分担・連携を進め、医療ひっ迫時における医療提供体制を確立します。
  • コロナ感染拡大にともなう保健所の負担軽減をはかるため、保健師の増員や、AIやIoTなどデジタル化を推進し、入院調整や健康観察、搬送業務の円滑化を図ります。
  • 高齢者の健康寿命を延ばし、健康で元気に過ごすため、地域包括支援センターや自治会、老人会などの連携を密に、介護予防・フレイル対策の一体的な実施を促進します。
  • シニア世代の一人ひとりの意思や能力に応じた多様な就労・ボランティア・生涯学習を選択できる環境を整備し、年齢に関係なく活躍できる社会を推進します。
  • 公共施設・公共交通及び道路のバリアフリー化を促進するとともに、電動車いすの貸し出しなど、障がい者、高齢者等が利用しやすいサービスの充実を図ります。
  • 発達障がい者支援センターによる関係機関との連携強化や、早期支援・早期療育体制の構築、特別支援教育の充実、就労支援の充実等、ライフステージに応じた乳幼児期から成人期までの一貫した支援を行います。
  • 生活保護の不正受給を排除するとともに、働ける方には就労指導を徹底し、扶養義務者がいる場合はその義務を果たすことができるよう適正化を進めます。
  • 人と動物が共存できる生活環境作りのため、飼い主・販売主・市民の意識の向上、引き取り数の削減、返還と適正譲渡の推進に関して具体的な目標を立て、その実行管理をしたうえ、犬・猫の理由なき殺処分ゼロを目指します。