兵庫維新八策 3.教育・子育て施策のさらなる充実

兵庫維新八策

3.教育・子育て施策のさらなる充実

兵庫の未来を担う次世代の子供たちの教育と子育て施策の充実は、我々兵庫維新の会の最重要施策の一つです。これまでの取り組みをさらに強化し、「教育・子育て日本一の兵庫」を目指します。

  • 県内全域での教育無償化を推進し、地域間格差の解消を図ります。
  • 教育無償化の理念のもと、義務教育中に発生する教材費や学用品費などについても保護者負担の軽減をすすめます。
  • 県内全域での温かくて美味しい小中学校全員喫食を実現します。また教育無償化の観点から、給食を無償化し、食育を推進するとともに、家計への経済的負担及び教職員への徴収・管理業務負担の軽減を図ります。
  • 家庭の経済状況による教育格差の是正と、子育て世帯の負担軽減を図る塾代助成事業を実現するための制度設計や環境整備を促進します。
  • 学校教育へのICTの導入を促進し、児童生徒や教員へのSNSを含めた情報モラル教育の徹底を図ります。
  • 子どもたち一人一人の個性を伸ばす多様な学びや、主体的、共創的な学びの実効性を高める ため、OECD諸国の中でも突出して多い1クラスあたりの生徒数について見直しを行い、少人数制学級を実現します。
  • 校務分掌や部活動の見直し、ICT活用による校務の効率化など働き方改革を促進し、教員の負担軽減を図り、教育に専念できる体制を整えます。
  • 学校内で生じる問題の解決について、児童生徒本人への聞き取りを強化するとともに、臨床心理士・公認心理師を始めとする常勤スクールカウンセラーやオンラインカウンセラーの配置を促進し、子どもの視点と専門的知見の双方からいじめ・ヤングケアラー・不登校など多様化する子どもの悩みに対応できる体制を整備・強化します。
  • 世界を牽引するグローバル人材を輩出するため、 ALTをオンライン化するなどICTの活用による実践的な英語の語学力の育成や、豊かな教養、国際性、リーダーシップ等の養成を促進します。
  • 児童虐待や経済的環境等、様々な理由で社会的養護を必要とする子どものため、弁護士等の専門家を常駐させるなど児童相談所の機能を強化するとともに、ニーズに応じた機能分担を推進します。また、特別養子縁組の促進や里親委託率の向上のため、自治体や民間支援団体との連携を強化します。
  • 学校施設の老朽化等における事故防止を図るため、必要な安全点検を強化するとともに、教育委員会、建築関連局、民間の専門家等の役割分担を明確にしたうえ、児童生徒が安心・安全に学校生活を送れるような環境整備を促進します。
  • 隠れ待機児童も含めた待機児童解消のため、保護者のニーズに合った保育所の設置場所の確保だけでなく、保育士不足解消と質の低下を打開するための処遇改善を行い、各地域に見合った制度設計を進めます。
  • 子育て関係の申請手続きについては、早急にオンライン化を進め、スマホで完結できる電子申請システムの構築を図ります。
  • 仕事と子育ての両立を支援するため、認可保育所を中心に多様な保育サービスの拡充とともに、保育の質の向上を図ります。
  • 長時間労働、サービス残業、持ち帰り残業を撤廃するなど保育士の働き方改革を推進し、保育 士不足の解消に努めます。
  • 一時保護や入所措置等に係るこどもの意見表明権を保障するため、弁護士を意見表明支援員として、子どもの意見を代弁する制度(アドボカシー)を促進します。
  • 深刻化している児童虐待については、未然防止の取り組みをより一層強化するため、相談窓口の人員増員、カウンセラーの充実を促進します。またきめ細やかな支援を関係機関と連携して進め、防止体制を強化します。
  • 妊婦健康診査費用について、全ての妊婦が安心・安全な出産ができるよう経済的負担の軽減のため、公費負担の充実を図ります。