兵庫維新八策 1. さらなる行財政改革の断行

兵庫維新八策

1. さらなる行財政改革の断行

特定の団体とのしがらみや古い規制に縛られず、維新の改革を推し進め、財政健全化・兵庫の成長・住民サービスの拡充を実現します。

  • 急速に変化する国際情勢において、経済構造の変容、人口減少・超高齢化、地域間格差拡大といった課題に対応するため、従来の手法や発想に捉われない行政経営を、これまで以上の決意とスピード感を持って推し進めます。
  • 自ら議員報酬の一部を寄付するなど身を切る改革を行い、議員報酬と定数削減・適正化、政務活動費や調査研究広報滞在費(旧文書通信交通滞在費)の透明化を徹底します。
  • より良い住民サービスを実現するため、意欲と能力のある職員を適材適所に抜擢する組織に変えていくべく抜本的な公務員改革を断行します。
  • 職員の再就職は透明性・公平性をより一層高め、管理の適正化を図り、公務の公正性の確保ができない「天下り」を根絶します。
  • 産業振興や観光施策、公営住宅など、未だに残る兵庫県と神戸市による非効率な二重行政を解消し、県市の連携強化・権限移譲を推進します。
  • 県内市町の外郭団体に関して、個別のミッションを明確にし、適切に業務を遂行できるかを評価・検証することにより、役目を終えた団体に関しては、基本方針として全廃します。
  • 業務の適正かつ効果的な執行を確保するため、教育委員会や外郭団体も含めた全庁において外部監査・内部監査・内部統制による指摘された事項は速やかに改善する体制を構築します。
  • DXの活用により役所の組織風土を変革しつつ、行政手続きのオンライン化や、リモート相談窓口など、住民や事業者が来庁しなくても行政サービスを提供できる体制を促進します。
  • 住民サービスのさらなる向上を図るため、マイナンバーカードの普及を促進するとともに、個人情報の漏えい等が発生しないよう、情報セキュリティの強化を徹底します。
  • 女性の活躍と元気な高齢者の活用を促す「就労支援プログラム」の開発を促進します。
  • 役所の広報について、これまでの広報媒体の発信力強化とともに、専門家の知見も得ながらデジタル広報を活用した、より効果的な発信を促進します。
  • ホームページは、アクセス解析を踏まえ、県民の視点に立ったコンテンツの充実、見やすさ等の改善を適時行い、分かりやすい発信を促進します。
  • 広聴については直接対話や、紙媒体、インターネット等あらゆる手法を用い、寄せられた意見や提言、県民ニーズを的確に把握し、各施策や業務改善に反映させることができる体制を構築します。