さいとう 元彦 特設ページ

日本維新の会推薦 さいとう元彦(もとひこ) 兵庫県政へ挑戦 ひょうごを前に進めよう

プロフィール

1977年生まれ。兵庫県神戸市須磨区出身。
神戸市立若宮小学校/愛光学園中・高等学校/東京大学経済学部卒。
卒業後、総務省に入省。省内勤務をはじめ、新潟県佐渡市、福島県飯舘村、宮城県庁、大阪府庁と数々の地方自治を経験。
時代の最前線に身を置いて磨いた経験と感覚を基に、兵庫県政を志す。
家族は妻と息子。趣味は読書、ジョギング、寺社巡り。大河ドラマやお笑い番組にも精通している。

略歴

平成14年 4月 総務省入省
平成14年10月 三重県庁 ≪北川県政下で初めての地方勤務≫
平成15年 9月 総務省 大臣官房総務課   
平成17年 4月 同 自治財政局 公営企業課 地域企業経営企画室
平成18年 4月 同 内閣官房副長官補付(内政) ≪官邸会議対応に従事≫
平成20年 4月 佐渡市 企画財政部長 ※22.4~総合政策監 ≪がんばる地方応援プログラム若手職員派遣一期生≫
平成23年 4月 総務省 大臣官房企画課 課長補佐
   内閣官房副長官補付 ≪飯舘村政府現地対策室へ派遣、全村避難後の防犯体制構築≫
平成23年 9月 同 大臣官房秘書課秘書専門官 ≪総務大臣政務官秘書官≫
平成24年12月 同 自治財政局 地域自立応援課 課長補佐 ≪定住自立圏構想、地域おこし協力隊の担当≫
平成25年 7月 宮城県 総務部 市町村課長 ≪沿岸市町のマンパワー不足の確保≫
平成26年 4月 同 財政課長 ≪東日本大震災の復旧・復興事業の予算編成≫
平成28年 4月 総務省 自治税務局 都道府県税課 課長補佐 
平成29年 7月 同 都道府県税課 理事官   
平成30年 4月 大阪府 財務部 財政課長 ≪大阪北部地震、台風21号、新型コロナ対応の予算編成≫
令和 3年 3月 大阪府・総務省退職

メッセージ

『ひょうごを前に進めよう』
私の原点にある思い、そして決意です。

令和の新時代、コロナ禍により、私たちの社会は激動しています。
この変革の時代、大きな行政の舵取りには、これまでにはない新しい発想や手法が求められます。
そして、変化のスピードに対応できる、やわらかい考え方と力強い動きが欠かせません。

これまでの兵庫県は安定を第一に考えられてきました。
震災からの復興をはじめ、数々の困難を乗り越えていくためには必要だったことです。
しかし、いよいよやってくる新しい時代。
この兵庫を覆う、
皆さまが何となく感じている停滞感や閉塞感から脱するために、
まさに今、新しい世代のリーダーが求められているのではないでしょうか。

私は、生まれ育った兵庫県に尽くすことを誓い、これまでキャリアを積んできました。
そして今、まさにこのタイミングだからこそ、すべてをかけて挑戦することを決意しました。
安定した兵庫の良さを生かしつつ、果敢に前に進めていく『躍動の県政』を実現する。
これが、さいとう元彦の決意です。

私とともに、ひょうごを前に進めましょう。

チラシ

さいとう元彦 チラシ
画像クリックでPDFダウンロード