代表挨拶

ご挨拶

兵庫維新の会 代表 室井 邦彦 参議院議員

年頭の挨拶  ~新しい政治の転換点になる挑戦~

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は、維新の改革理念に対する深いご理解とご協力に心より感謝申し上げます。

新型コロナウイルス感染症が縮小し、社会経済活動の再開へ舵を切ろうとするそのタイミングで、日本でもオミクロン株の市中感染が始まりました。

わが党は、昨年12月21日にコロナ対策本部を開催し、新型コロナ感染拡大のいわゆる「第5波」までに出された様々な対策に関しての検証と総括の必要性を指摘しています。

水際対策を始めとする感染封じ込め対策の強化や、5歳から11歳の子どもへの新型コロナワクチンの接種に対する対応、3回目の新型コロナワクチン接種やワクチン接種後の後遺症に対するフォローアップ体制の整備等、適宜適切な対策を政府に求めつつ、現場目線で、コロナ対応を最優先課題として取り組んでまいります。

兵庫維新の会 代表 室井 邦彦 参議院議員

地方分権改革は、わが党の一丁目一番地の政策です。
人口減少、少子高齢化が急速に進行する中で、いかに地域の活力を向上させるか、地方自治体が直面する大きな課題であります。
世界一の「債務大国」であるにもかかわらず、新型コロナ対策を理由とした国債発行による予算増額は止まることを知らず、国民一人ひとりが本来もつ自立の精神を奪うことになりかねないと懸念しています。
コロナ禍という災害が、日本社会に大きな変化をもたらしました。
地方の活性化を真に実現し、自立した地方を創るため、統治機構改革の必要性を改めて痛感しております。
兵庫維新の会は、新しい国のかたちを見つめ直す政治のリーダーシップを強く求め、大阪との連携を重視した改革を具体的に起こしてまいります。

文通費問題が、政治の争点になっています。
これまで維新が声を上げても、各政党やマスコミは問題化することはありませんでした。
ところが、昨年の衆議院選挙で維新が躍進し、41議席を確保する勢力になるやいなや、国会における改革の動きが一変いたしました。
選挙は、民主主義の原点であると理解しておりますが、民意が政治を動かしたと思いました。

兵庫県政においても、新しい政治の流れを、維新が主導いたします。
党情報告いたしますと、まず昨年4月の宝塚市長選挙では、当選には僅差で及びませんでしたが、阪神間における維新の存在感を示すことができました。
また、6月の尼崎市議会議員選挙では、現職5名、新人5名の10名が当選し、第2会派となり、市政への発言力が高まりました。
続く7月の兵庫県知事選挙では、わが党推薦の齋藤元彦氏が初当選し、県政与党としての基盤を築き、10月の衆議院議員選挙でも、維新が独自に擁立した9名全員が議席を獲得いたしました。
そして本年は、参議院議員選挙を始め、西宮市や尼崎市の首長選挙があり、来春には統一選挙へとつながります。
県民の皆様に、改革への意欲と姿勢を示していくため、兵庫県下、全ての地域で維新という選択肢を提示していく体制の構築を図り、維新が国を動かす原動力となって、必ずや改革の歩みを前進させてまいります。

結びに、県民の皆様の引き続きの温かいご理解とご支援を、どうぞよろしくお願い致します。

令和4年元旦